介護付き有料老人ホームとはどんな施設?

都道府県より特定施設入居者生活介護の指定を受けた有料老人ホームのことを介護付き有料老人ホームと言います。食事や健康管理、掃除、洗濯、入浴、排せつなどの日常生活での介護サービスを提供する施設です。民間の経営による施設が多く、入居条件や介護、看護、設備、費用など、各施設ごとに異なります。介護付き有料老人ホームの入居条件は、原則として65歳以上で、要介護1以上です。自立生活ができる方でも入居できる混合型と呼ばれる施設もあります。介護付き有料老人ホームでは、介護スタッフが常駐し、また、看護師も常駐し24時間体制で看護や介護が受けられる施設もあります。医療機関との連携で、胃ろうやストマなど医療的ケアが必要な方を受け入れる施設や定期的な医療ケアを提供施設もあります。施設内では、孤独感を感じることなく楽しく過ごしていただけるように、工夫されています。日々のリハビリはもちろんのこと、レクレーションやクラブ活動、誕生会、四季折々のイベントなど、自宅にいた時以上に盛りだくさんです。介護付き有料老人ホームの入居に関わる費用は、立地や設備、提供されるサービスに応じて、施設ごとに大きく異なります。一時金が不要なところもあれば、数千万円もするところもあります。月額利用料も10万円程度から30万円程度まで幅があります。家賃や管理費、水道光熱費、食費などは含まれていますが、医療費やおむつ代、雑費なども別途かかるようです。同じ介護付き有料老人ホームでも、内容は様々です。利用する場合は、経済的な面はもちろんですが、提供されるサービスをしっかり確認することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です