様々な種類の老人ホームの実態

急速な高齢化に伴い高齢者施設に入所する人の数は増加しています。そのような中、特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、介護付き有料老人ホームホームなどの施設が増加しています。しかしそれらはそれぞれの種類に応じて入所基準が異なり、提供されるサービスも異なります。例えば特別養護老人ホームは、認知症や寝たきりなどで常時介護が必要で在宅での生活や介護が困難な人が入所しています。そのため入所基準は平成27年4月1日からの新規入所の場合、原則介護保険における要介護3以上の人が対象となります。また、入所については介護度だけでなく介護の必要性や家族等の状況などを勘案し入所の必要性が高いと判断された人から優先的に入所できます。入所希望者に対し施設の定員数が少ないのでかなりの人数の高齢者が入所待機状態にいます。一方、有料老人ホームは「介護付き」「住宅型」「健康型」の三種類に分類でき、例えば「介護付き」への入所基準をどう設定するのかはその経営主体が決めます。そのため医師や看護師を常駐させ終末期の医療的ケアも施設の中でのサービスの一環として行うホームもあれば、医療的ケアが必要となった場合には退去を求める施設もあります。また各ホームごとにかかる費用は大きく異なります。確かにスポーツジムの設備や温泉などを備え、ホテル並みのサービスを提供するホームもありますが、費用は一時金として数千万が必要でさらに別途毎月数十万円を要するというのが実態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です