希望する施設と実際に入れる老人ホーム紹介します

いざ、家族に介護が必要になった時に希望する老人ホーム紹介してもらえるか、その老人ホームに入居出来るかはわかりません。もちろん、最近では高齢者の人数が増えているため施設に空きがない事もありますがそれ以外にも、老人ホーム紹介してもらえないケースがある事を知っていますでしょうか。まず、最近増えているグループホームの場合ですが、グループホームに入居する為には認知症の診断を受けている事が必須となります。認知症対応型共同生活介護とも呼ばれ、認知症の専門施設となるからです。また、介護施設を利用する場合は要介護認定を受ける必要があります。自治体などから、専門の認定員が訪れて状態を確認します。その方の残存機能や質病の状態などから要支援1から2、要介護1から5までの認定を受ける事が出来ます。その認定漏れてしまった場合は、自立として介護施設や介護保険を利用する事は出来なくなります。グループホームの場合は、要支援2から要介護5までの利用者さんが入居出来ます。しかし、要支援1や自立の場合は入居を希望しても入る事が出来ません。また、特別養護老人ホームなどでは手厚い医療を受ける事が出来ますがこちらは要介護1から要介護5までの方しか入居する事が出来ません。施設の特性上、医療行為を常時必要としている方や加算の関係で要介護3以上の方の入居を優先的にしている場合もある為、状態が軽い方などは老人ホーム紹介してもらええない場合もありますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です